上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.24 子どもの文学
100213_1921~02先日(確か2/16日付)の朝日新聞の記事で、ゲド戦記翻訳者で子どもの教育分野で活躍されていた清水真砂子さんの講演会の言葉がとても印象に残りました。『すぐれた子どもの文学は"苦しくても生きてごらん、大丈夫"ということを教えてくれる。~中略~ この人がいたから自暴自棄にならずにすんだ、と思われる一人に、この世につなぎとめる一人になって』と。・・どんな人だろうそれは。と思ったときに、私にできること、思い浮かんだことは、大人になるっていいもんだよってことを背中でみせることかなぁ・・と思った。子どもに希望を放棄させることが最もモラルに反すること、と語気を強めたという清水さんの言葉を胸に置いて、今日も一日をスタートさせる。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2010.02.13 飛び梅
IMG_0401.jpg初詣に太宰府天満宮へ。車で20分ほどの場所にあります。黄桜は満開で、飛び梅はちらほら蕾をつけていました。この日は暖かな晴れだったし、春を感じるひと時を過ごす。おみくじは夫の大吉を筆頭に、吉三昧の我が家。どうか平和に暮らしていけますように。

2010.02.07 節分
RIMG0183.jpg前後してしまったけれど、今年の節分の鬼。ウインクしてるんですけど~。かわいすぎ。この後、各人豆を持って、ハデに豆まきしました。もう暗くなっていたし、窓のシャッターも下ろしていたから、鬼も福もぜ~んぶお家の中。投げ終るとじみ~に大豆を拾ってはポリポリ食べて過ごしました。今年は厄年の私。お払いも無事済ませ、鬼も退治(?)したし、慎重に静かに過ごしていきたいと思います。
2010.02.05 ちゃんと。
そら母の病院へ向かう途中、空を見上げるとうろこ雲。施工途中の高架下をぐんぐん進む。病気の悲しみやこれからのことよりも、今を思う。急速に進む病魔と化学療法。生に逆行する治療は母の体力も生命力さえ奪っているような気がしています。かといって他に方法もなく。考えてばかりで最近はその気力も、本を読むことも、なにもかも放棄したい気分。疲れてきってはいけない。上手に距離をとりながら、ちゃんと生活していかないと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。