上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0242.jpg今年の夏、息子と二人でデートした場所は映画館でした。ポケモン大好きな小学生。大人が見てもホロリとくる内容でした。そのポケモン映画脚本家、園田英樹さんが地元の図書館の名誉館長ということで講演会(ワークショップ)が図書館であり、行ってきました。

今回のテーマが脚本の書き方だったので、ものすごく興味があったわけじゃないけれど、書くことについての姿勢や一本の物語を書く時の流れ、大事なこと、などを会場の人みんなで組み立てて作っていく工程がわかりやすく、おもしろかったです。ポケモン映画って大きな仕事に間違いないんだろうけど、園田さんの中で"メイン"といった感じには私には見えなかった。

物を書く。手で書く。ペンで書く。それはものすごくアナログな作業なんだけど、私は何かを書く時、紙にペンで向かいます(ブログだけはパソコン)。その紙から伝わる温かさってあると思う。

少し離れますが、大量生産の現代を否定したい気分だった若かりし頃、印刷技術が始まった時点で大量生産はスタートした、ということを本で知ってショックだった。100円ショップや使い捨てのものたちだけに目を向けていた自分が情けなくなった。大好きな本も大量生産の一つ。デジタル化して、その本の行く末も危ういですが、私は本の匂いや重みや文字、行間の感情を大事にしていきたいと思いました。しかしそれも若い世代(息子たち)には「憧れ」や「郷愁」といったものになるのかもしれないなぁ・・
スポンサーサイト
DSC_0237.jpg DSC_0239.jpg DSC_0240.jpg
    装着    →   行くよ~   →   飛んだ~~^^
福岡のショッピングセンターにて。あたちが「したい、したい」とこの場から離れず、、この間お兄ちゃんのサッカーにつき合ってくれたし、ご褒美に。も~笑いすぎて顎が痛いです。2階まで軽く飛んでました。あたちも大満足☆☆
2011.11.20 寒いっっ
IMG_1366.jpgいきなり気温が下がった日曜日。息子のサッカーの試合で福岡の海沿いにあるグラウンドへ。あまりの寒さにビデオカメラを持つ手も震えるし、写真を撮る余裕もなく、写真はあたちのこの一枚だけ。

まだユースのセレクションを受ける資格もない息子は、スクール生としてがんばってます。小学1,2年生が集まっての試合。スクール生のアビスパ福岡vsサガン鳥栖(小1,2年生同士)もあって、親は燃えた~~(笑)息子もがんばっていたし、寒かったけど、あたちは相当うるさかったけど、これも楽しみの一つです。
2011.11.18 ・・・
「いつも思う。
 悲しみや痛みからしか人は真に成長できないのだろうか。
 喜びや感謝を知るために"それ"は必要なのだろうか。」

「幸せな記憶にまで影を落とす"現実"って何だろう?」


*****

東北地方太平洋沖地震が起きてから(正確にはその震災が起こる少し前から)、心のどこかが落ちていた。震災でその想いが加速して、加速して、どんどん自分から離れていって、でも自分の一部で、どう扱っていいかわからないものになっていた。

・・それは、私の中のすごくささやかな場所にあることで、日常はいつも通り、何の変化もなく過ごしていっていたと思う。

・人の役に立つような「なにか」。
・デジタルではないアナログな生活。
・乾いていない、もっと熱のある思い。

自分をもっと、もっと掘り下げて、琴線に触れるものを"なんとなく"にせず、拾い上げて、「思い」をちゃんと形にしたいと思う。自分の求めている形がはっきりとして、それを持つ気持ちがあるなら、いつかどうにかなるんだと。

*****

こうしてやっと言葉になってきた。前にもこんなこと書いたような。時々こういう波が訪れる。いつも悩んでいるわけではないです。本当にささやかな場所で普段は寝ているようなことです。でも気づいたときに向き合って、言葉にできることがうれしい。これは単純にその記録。次へ向かうためのメモのようなもの。息子の歯のように、スコンッと気持ちがいったかも。

最後に、吉本隆明さんの言葉
「公にどんなことがあろうと、なんだろうと、 自分にとっていちばん大切だと思えることをやる、それだけです」
2011.11.13 歯抜け。
DSC_0231_20111113235112.jpg息子の歯がやっと抜けた。7歳と4か月。遅いなぁ~。でもめっちゃおもしろかったなぁ~^^下の歯は抜ける気配なく、でも2本しっかり生えてしまって、4枚歯。そろそろ歯医者さん行かなくっちゃ。

ずっと自分の心や友人に宛てたい手紙やブログに、書くということに心を向けているんだけど、言葉にならず・・。理想や希望や思うことはたくさんあるんだけど、言葉にならなくて。生きているだけで奇跡。生きているだけでまるもうけ。・・だけどね・・。

だけどね、抜けそうな歯が抜けなくて、2,3日落ち着かない息子のように、もがいても毎日はやってきて、変わっていって、間抜けな顔になって、そのうち大人の歯が生えてきて・・なんだよね。

私もなんだかモンモンとしていても、10年履いていた靴がとうとうダメになって少し凹んだり、旅行の予約したり、してるんだよね。なんだかね。・・スコーンと空いた前歯のように、私も気持ちもスコーンっと行ってくれないかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。