上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.07 刺繍
PAP_0006.jpg PAP_0007.jpg
刺繍に興味を持ったのは中学生の頃でした。母が刺繍をしていたので、なんとなく一緒に刺していたように思います。しかしそれも部活動や友達との遊びの方が優先になり次第に遠のいていました。もしかすると誰もが一度は通る「お裁縫」の時期だったのかもしれません。
PAP_0011.jpg PAP_0008.jpg
そして再び結婚し、出産で実家へ帰るとなった時に家を1ヶ月ほど空けることになりました。夫が一人で生活するわけですが、キッチンと洗面とお風呂とトイレのタオルの区別がつかない、とのことでしたので、それぞれのタオルに「Kitchen」、「bath」の名前をステッチしてみました。このとき、昔刺繍していたことを思い出し、実家で古い図案などを少しだけ眺めてみたけれど特になんの気持ちも沸きませんでした。。(そして私のタオルステッチは何の効果もなしていませんでした。帰ったらキッチンにトイレのタオルが・・)

そしてむすこが保育園へ通うことになり、ミシンがない私は手縫いでバックと巾着を作り、名前をまたステッチ。ここでmayuminさんのブログと出会い火がついたように思います。

真剣に刺繍をしたいな・・と思うまで半年ほど。そして近くで刺繍をしているおばあちゃん(・・とは失礼な年齢かもしれません・・)と出会い、その思いは強くなりました。これから少し真剣に刺繍に取り組んでみようかな、との思いで新たに刺繍糸入れを作成。クリスマスに向けてのステッチに取り掛かります。そしておばあちゃんからも刺繍を習うこにしました。しかしゆっくりした時間はないので、課題を与えてもらい、自宅で刺繍。わからないステッチや作ったものを見てもらう形が中心です。これからどこまでどんな風にできるかわかりませんが、刺繍を始めました。

刺繍糸入れ図案:雑誌クラフトcafe ステッチidees 2006年秋冬号
刺繍糸入れの作り方
①好きな生地を裏表同じだけ長方形(幅は好きなだけ・縦は45-48cmくらい)にとる。
②上下は生地の耳をもってきたらそのままでいいし(私は横にきてます)、袋を縫う要領で二つ折とか三つ折しています。
③幅5mm間隔で直線に縫っていく(生地が厚い場合は8mm間隔で。ただしあまり幅を空けると糸がゆるゆるで取りにくくなります)。

これだけです。
ゴム通しの様子。糸を引くときはこんな風に一本ずつ取り、糸のよりをなくします。
PAP_0005.jpg PAP_0004.jpg ito.jpg


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。