2010.08.02 空へ
DSC01221.jpg7月、梅雨明けと共に母が空へ旅立ちました。
豪雨の悲しみと晴れ渡る空への解放が入り混じる夏でした。

母はいま、楽しいところにいるかな。
どんなに苦しくても、生きている時間がいとおしく切ないです。

仲良し親子では決してなかった私たちですが、母と娘であることに違いはなかった。
気持ちの整理も、悲しみも、まだ混とんとしていてうまく言えませんが・・それでも日常はやってきて、小さい子たちがちょろちょろしています。こっちが現実。日々の暮らしをつづれたらと思っています。