上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1219.jpg先週末は、ここ最近の中で一番の気候だった。歩いて行ける公園では、犬の(競技かな)日本一を決める決勝カップが行われていて、晴天の中、涙が出るほど平和な時間が流れていた。子どもたちは思い思いに寝転がったり、サッカーしたり。

テレビやラジオをつけるたびに、胸が締め付けられる思いでいます。ありえない光景に夢であってと願いたい。だけど・・・。いま私にできることは、精一杯の募金と祈り。それから、健康で明るい毎日を送ること。こんなところにいていいのかな、という思いを胸に閉まって、精一杯毎日を生きること。経済活動を行うこと。子どもたちとこの現実をちゃんと直視し、考えること。

息子が「お母さんは、地震で死んでしまった人と、残った人、どっちが悲しいと思う?」と聞いてきました。息子にあなたは?と聞くと、しばらく考えて「死んでしまった人」と。

私たちも精一杯の支援と祈りを送り続けます。だから、みんな、諦めないで、一緒に生きていこう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。