いわさきちひろ先日、福岡のアジア美術館へ「いわさきちひろ展」を観に行ってきました。どうやったらこんな絵が描けるのだろう・・とずっと憧れている人の一人です。今回購入した「ちひろの世界」という本の"大人になること"という中にとても惹かれることが書かれていました。それは「私の若いときによく似た欠点だらけの息子を愛し、めんどうな夫が大切で、半身不随の病気の母にできるだけのことをしたいのです。・・中略・・大人というものは、どんなに苦労が多くても、自分の方から人を愛していける人間になることなんだと思います」というもの。
私にはまだまだ到達できそうにない領域ですが、ここにちひろさんのすべてがあるような気がしました。憧れの女性が先にいることの心強さ。そんな気持ちも日常生活の中では忘れがちなので、気に入って買ったポストカードをリビングへ飾り、時々見ては感じた気持ちやゆとりを思い出したいと思っています。
Secret

TrackBackURL
→http://kou30.blog79.fc2.com/tb.php/83-782c4532